デーブ・スペクター公式サイト Spector Communications

デーブ・スペクター公式サイト Spector Communications

所属タレント

部署

http://www.spector.co.jp/m/

桂 由美

  • history
  • prize
  • 出版

経歴

1964年
日本初のブライダル総合専門店 赤坂にオープン。
1965年
日本初のブライダルファッションショー開催。
1968年
日本初のブライダル専門書『ブライダルブック』(文化出版局)出版。
1969年
ブライダルプロデューサー、コーディネーター養成のため『全日本ブライダル協会』設立。
1973年
乃木坂に世界に例を見ないブライダルファッションをトータルに展開した「桂由美ブライダルハウス」オープン。「OLの1ヶ月のサラリーで買えるウエディングドレス」を目標に既製服化実現。
1976年
フォーマルファッションマーケット拡大のため、日本フォーマルウエア協会設立。
1980年
ブライダル・フォーマルファッションのトータルデザインを目指しライセンス契約開始。現在30業種。
1981年
USA初ジャパンファッションフェアーにブライダルで1社参加、スマッシングデビューと称されアメリカ、フランス、イギリス等へ輸出開始。以後NYでショーを開催、女優ブルックシールズ等ゲスト出演。
1985年
日本初デビュタントボール(20歳で社交界に純白のドレスを着てデビューする女性のボール)開催。
1986年
中国・北京において中国初ブライダルファッションショー開催。 同年『ナイルの宝石』(20世紀フォックス)にて主人公キャサリン・ターナのウエディングドレスをデザイン。
1987年
パリにて初のコレクション開催、作家フランソワーズ・サガン女史より賞讃メッセージが贈られる。同年、中国北京に『桂由美婚礼服飾公司』オープン。
1988年
桂由美が開発したブライダルのノウハウをスピーディに地方まで浸透させる為「フランチャイズ方式」導入。現在全国70都市にフランチャイズショップを展開。
1991年
ヨーロピアンエクセレンス協会より『トライアンフ大賞』受賞。
1993年
前ローマ法王ヨハネ・パウロ二世のイースター祭服をデザインし献上。 同年、世界各国に日本のブライダル文化紹介を行い文化交流に寄与した功績が認められ『外務大臣表彰』受賞。
1995年
アジア各国の婚礼文化及び婚礼衣裳の伝統を次世代に継承するために初の『アジアブライダルサミット』を主催、以降毎年各国持ち回りで開催。
1996年
桂由美ブライダルハウス関西1号店である大阪店オープン。 中国婚姻家庭建設協会及び北京服装協会より中国服飾史上初の『新時代婚礼服飾文化賞』受賞。
1998年
中国・大連市より『大連市栄誉奨賞』受賞。
1999年
桂由美ブライダルハウスリーガロイヤル店オープン。 東洋人デザイナーとして初めてイタリアファッション協会正会員となり、以降毎年ローマオートクチュールコレクションに参加。
2001年
シャネル、アルマーニ、ミッソーニなどと共にローマ・スペイン広場のショーに出演しラストを飾る。
2003年
パリ・オートクチュールプレタポルテ協会(サンディカ)主催2003春夏パリオートクチュールコレクションに参加。
2004年
ブライダルファッションデザイナーとしての活動40周年を記念し、東京、名古屋などで『桂由美の世界展』開催。
2005年
Yumi Katsura Paris店をパリのカンボン通りCHANEL本店前にオープン。
2006年
4年連続6回目となるパリオートクチュールコレクションに参加。[1月]
非婚・少子化対策を目的に「恋人の聖地」プロジェクト展開。現在全国107箇所、海外4箇所。[9月]
News Week『世界が認めた日本人女性100人』の一人に皇太子妃雅子殿下はじめ、緒方貞子さん、黒柳徹子さん、向井千秋さんらとともに世界で活躍する女性として選出。[10月]
2007年
5年連続7回目となるパリオートクチュールコレクションに参加。[1月]
桂由美ブライダルハウス2Fにカフェ『Rose yumi Rose』オープン。[9月]
『世界基準の女になる』出版、徳間書店ベストセラー。[10月]
2008年
6年連続8回目となるパリオートクチュールコレクションに参加。[1月]
日本・コロンビア修好100周年記念「YUMI KATSURAローズ祭り」開催。コロンビア産のバラのプリザーブド・フラワー3,000輪を使ったドレスをデザインし、ミス・ユニバース日本代表の美馬寛子さんが着用。全米大ヒット映画「幸せになるための27のドレス」に桂由美デザイン、ウエディングドレス登場。[5月]
2009年
7年連続9回目となるパリオートクチュールコレクションに参加。[1月]
世界初花嫁姿のロボットを大阪秋冬コレクションにて出演。[7月]
桂由美45周年展『桂由美×假屋崎省吾 美の饗宴』を日本橋三越本店にて開催。引き続き9月にはそごう千葉店にて開催。[8月]
2010年
8年連続10回目となるパリオートクチュールコレクションに参加。[1月]
中国北京旗艦店オープン。[5月]
全米ブライダルコンサルタント協会における世界で4名のみの称号である名誉会員称号を授与。[7月]
中国上海旗艦店オープン。これにより中国での店は9店舗となる。[10月]
2011年
9年連続11回目、パリオートクチュールコレクションに参加。日本大使館後援、すべての作品を京都の伝統工芸とのコラボレーションで実現。[1月]
日本国内(東京・大阪)通算70回記念グランドコレクションを両国国技館で開催。観客動員1万4千人「美しい日本-RENAISSANCE JAPAN-」をテーマに開催、アジア各国でも広く報道された。[2月]
中国にてCOSMO BRIDE 2011年グランプリ受賞。[3月]
東日本大震災支援の一助をして被災地5ヵ所4県において、結婚式を諦めていたカップル達に合同市民結婚式をプレゼントする活動を行った。[7月]
中国海陽市の招聘で、第14回アジアブライダルサミット開催。[8月]
ニューヨークにおいて、新しくライセンス契約をしたImpression Bridal により展示会・ショーを行い、再デビューと歓迎され19店と契約。全米・カナダでYumi Katsuraが展開される。[10月]
花嫁仕度を式場ではなく自宅で行い、地元の人々に見送られて出発する地域活性化、及び非婚化を趣旨に行う「ふるさとウエディング」展開。観光庁後援「ふるさとウェディングコンクール」発表。[11月]
2012年
日本の伝統工芸の友禅を世界に発信するため、パリ店を1年間JAPAN YEARと定め、友禅をポンチョ、ケープなどに取り入れた「YUZEN TODAY」発表。[1月]
東京グランドコレクション「アジアの風」をテーマに東京ドームシティーホールで開催。世界一軽いシルクを使用したウエディングドレスやミキモトパール13,262個配したオートクチュールドレス発表。ギネス申請中。[2月]
2013年
10年連続12回目、パリオートクチュールコレクションに参加、ユーゼンを若者向けにデザインしたYuzen Wave発表。[1月]
「トータルビューティーデザイン世界大会」(韓国)にて世界ビューティ名匠受賞。[5月]
10月14日に設立されたアジア・クチュール協会の創立メンバーとして、コシノジュンコ氏と共に選任。


このページの上へ

(c) Spector Communications. All rights reserved.